主催セミナー

  • もう一歩セミナー
  • 認知症ケアセミナー
  • シーティングポジショニングセミナー
  • シーティングセミナー
  • 介護・看護のためのリハビリテーション実践セミナー

もう一歩踏み出すための介助セミナー

セミナー開催日

●対象者の可能性を引き出す介助
・この介助は評価とハンドリングをベースとした介助です。
・バイオメカニクス的な視点だけでなく、「介助という感覚刺激の入力」によって「出力としての動き」を引き出す神経生理学に基づいたアプローチです。
・この介助はどんな対象者にも使えます。
・運動機能はもちろん、意欲・認知・精神能力などさまざまな変化を引きおこす事が可能です。

●介助を学ぶ方に
「福辺流介助は難しい」と言われることがあります。福辺流介助術が他の介助と比べて難しいことは決してありません。
では、何故難しいと感じてしまうのでしょうか?多くの人が介助を2~3回練習すればできるものと勘違いしてしまっているからです。
スポーツや楽器を練習するのと同じように、介助は身体で覚える作業です。スポーツが毎日毎日の練習が必要なように、介助も練習が必要です。もし、介助が数回の練習でマスターできるものならば、介助を専門にしている職種の専門性はありません。
ベーシックコース4日間は、自分で練習できる土台を作るための必要最小限の期間です。練習をして身体で覚えて、感じる事のできる身体を作って、時々チェックも必要です。
そのために「もう一歩セミナー」ではベーシックコース4日間を終了していただいた方に、次回から半額で受講できる「参加証」を発行しています。また、ボランティアスタッフでセミナーをお手伝いしていただきながら、介助に触れていくことも可能です。
また、もっとこの介助を知りたい、仕事にいかせるようになりたい、人に教えられるようになりたい、そんな方のためにステップアップセミナーを開催しています。
自分で介助のセミナーを開きたい、セミナー講師になりたい、そんな方のためにはインストラクターコースや研修生の制度もあります。いい介助を広めていただくために大歓迎です。ご相談下さい。

●参加者の声
・介護についてやっと一歩踏み出せたような気がします。
・やり遂げる喜びを利用者さまと分かち合う事ができ、それがまた新しい事への挑戦につながっていると感じます。
・自分の職場の利用者さんは、ほとんどの人が自分でできる人だと思えるようになった。
・介助の方法で対象者の今後の経過が大きく変わるかもしれない、という事が実際に現場で実践した事で分かった。
・今まで険しい表情しか見たことがなかった利用者の表情が変わり、日々楽しそうに過ごされている。
・頭も体も疲れたけどこれから頑張れそうです!

#

◆ベーシックコース4日間

開催地:東京・大阪
1日目 講義:特徴/メリット
実技:介助の基本、歩行
2日目 実技:立ち上がり(基本/体幹支持/脇支持)
3日目 ケースカンファレンス
実技:移乗(脇支持/体幹支持/後方から)
4日目 実技:寝返り(基本/マヒ側/非マヒ側への寝返り)
    起き上がり
セミナー開催日
大阪 第1回 2017年12月16日(土)・17日(日)・2018年2月17日(土)・18日(日) →詳細を見る
会場 淳風おおさか 大阪市北区大淀南2-5-20
東京 第1回 2017年9月9日(土)・10日(日)・2017年12月9日(土)・10日(日) →詳細を見る
会場 駒場苑 東京島目黒区大橋2-19-1

◆ベーシックコース2日間

開催地:大阪
1日目 講義:特徴/メリット
実技:介助の基本、歩行
2日目 実技:立ち上がり(基本/体幹支持/脇支持)
セミナー開催日
大阪 第1回 2017年8月19日(土)・20日(日) →詳細を見る
会場 淳風おおさか 大阪市北区大淀南2-5-20

◆単日コース

「もう一歩セミナー」を1日ずつ受講いただける平日コースを開催いたします。
平日開催ができてとても便利。受講日の選択も可能です。たとえば・・・
Q:1日コースに申し込んで参加したけど、やっぱり2日以降も受講したい。でも、土日の方が都合がいいんだけど・・・
⇒A:2日間コース、4日間コースの途中参加ができます。
Q:4日間コースを申し込んだんだけど、1日目の土曜日に用事が入ってしまって・・・
⇒A:単日コースの①に変更できます。

開催地:大阪
単日① 講義:特徴/メリット
実技:介助の基本、歩行
単日② 実技:立ち上がり(基本/体幹支持/脇支持)
単日③ ケースカンファレンス
実技:移乗(脇支持/体幹支持/後方から)
単日④ 実技:寝返り(基本/マヒ側/非マヒ側への寝返り)
    起き上がり
セミナー開催日
大阪 Ⅰ-① 2017年7月19日(水) →詳細を見る
Ⅰ-② 2017年8月23日(水) →詳細を見る
Ⅰ-③ 2017年9月13日(水) →詳細を見る
Ⅰ-④ 2017年10月20日(金) →詳細を見る
Ⅱ-① 2017年12月14日(木) →詳細を見る
Ⅱ-② 2018年2月7日(水) →詳細を見る
Ⅱ-③ 2018年4月以降、日程未定 →詳細を見る
Ⅱ-④ 2018年4月以降、日程未定 →詳細を見る
会場 西浦邸 東大阪市森河内西1-34-21

◆ステップアップコース

※ベーシックコース20時間受講された方対象

◇2日間コース
2日間 ベーシックコース復習
歩行の介助(前から/側方から/後方から)
移乗(後方から/二人介助/その他)
座位での前方・後方・側方への移動
臥位での移動
応用(入浴/トイレの介助)
その他
セミナー開催日
大阪 第1回 2018年3、4月予定(日程未定) →詳細を見る
会場 西浦邸 東大阪市森河内西1-34-21

◆番外編

「力を引き出す介助は基本理念なしでは伝えられない!」番外編はその大前提を抜きにして、とにかく実技中心です!
通常の「もう一歩を踏み出すための介助セミナー」では紹介しきれない応用・裏ワザ介助をお伝えします。初めての方はもちろん、以前に受講していただいている方にも新鮮な内容です。

◇内容
午前 実技、場面別、障害別すべてのシーンからチョイスした介助・ハンドリング(例:拘縮のある人の起き上がり、パーキンソン症候群の人の歩行/ズレ座りの直し方各種/床からの立ち上がりなど)
午後 上記に加え、受講生のみなさまからのリクエストにお応えします。(その日でもかまいませんが、事前にリクエストしていただけるとうれしいです。)
セミナー開催日
大阪 第1回 2017年5月17日(水) →詳細を見る
会場 西浦邸 東大阪市森河内西1-34-21
東京 第1回 2017年7月2日(日) →詳細を見る
会場 駒場苑 東京島目黒区大橋2-19-1

◆お試しセミナー

「腰痛や身体の不調は介助者の職業病?」
NO!介助者が理論的な身体の使い方をマスターすれば、身体を痛める事はありません。
「認知症や寝たきりの対象者はこちらが動かすしかないですよね?」
NO!適切な介助をすれば”何もできない”はずの全介助の方にも動いていただくことができます。
半日コース(3時間)にて『福辺流介助』を体験できます。福辺流未体験の方、ベーシックコースにご参加を迷われている方は是非こちらのセミナーにてお試し下さい。以前受講していただいている方も、お知り合いや施設のお友達に是非お勧めください。

◇内容
午前/
午後
対象者の力を引き出す介助の特徴、デモと実技
セミナー開催日
大阪 第1回午前の部 2017年6月7日(水)10:00~13:00 →詳細を見る
第1回午後の部 2017年6月17日(土)13:30~16:30
会場 西浦邸 東大阪市森河内西1-34-21
東京 第1回午前の部 2017年7月1日(土)10:00~13:00 →詳細を見る
第1回午後の部 2017年7月1日(土)14:00~17:00
会場 駒場苑 東京島目黒区大橋2-19-1
大阪 第2回午後の部 2017年10月28日(土)13:30~16:30 →詳細を見る
第2回午前の部 2017年11月10日(金)10:00~13:00
会場 西浦邸 東大阪市森河内西1-34-21

午前コースと午後コースの2回開催いたします。(内容は同じ)ご都合のよい時間をお選びください。

セミナー参加申し込みフォーム
  • 受付時間 10:00~17:00 土・日・祝定休 06-7492-1397
  • FAX申し込み用紙
  • セミナー開催日

認知症ケアセミナー

セミナー開催日
「認知症の方とのコミュニケーションが取れない」そのために効果が出ない
「拒否や暴力に対して何をしたらいいのかわからない」
そんな悩みはありませんか?
「認知症の人だからこちらの言うことが伝わらない」「意欲のない人だから仕方がない」
「すぐに叩いたり、噛み付かれたりするので怖い」
介護や医療の現場でよく耳にする言葉ですが、これでは解決できません。
適切な介助をすれば、認知障害のある人もそうでない人も、介護を拒否する人でも、マヒのある人でも、寝たきりの人でも、要支援の人でも、適切な反応が返ってきます。
介助される人と介助者は鏡の関係です。
ケアに必要な知識だけでなく、現場で実際に対象者にどう接すれば良いのかを、実技やワークで学ぶ実用性の高いセミナーです。
before → after

内容:
『認知症の方、意欲のない利用者・患者さんへの接しかた』
『触れかた・声かけ・アイコンタクト』
講義とハンドリング実技

セミナー開催日
大阪 第1回 2017年11月15日(水) →詳細を見る
会場 西浦邸 東大阪市森河内西1-34-21
セミナー参加申し込みフォーム
  • 受付時間 10:00~17:00 土・日・祝定休 06-7492-1397
  • FAX申し込み用紙
  • セミナー開催日

シーティングポジショニングセミナー

セミナー開催日

シーティング・ポジショニングはケアに必要不可欠な知識・技術です。基礎から実技まで、実用性の高いシーティング・ポジショニングを学びます。

●様々な効果をもたらすポジショニング
ポジショニングは、緊張が強い・円背などの変形・拘縮・褥瘡などの予防と改善には不可欠のアプローチです。
緊張緩和や臥位でのリラックスなど予防的側面だけでなく、変形や拘縮の改善など積極的な利用が可能です。

●正しいポジショニングによる主な効果
・全身の緊張緩和
・バイタルの向上
・安楽な臥位姿勢による深い眠り
・姿勢や顔の表情の改善(パーキンソン症候群・レビー小体型認知症の方にも)
・拘縮の予防・改善
・褥瘡の予防・改善   など

before → after

セミナー内容 ■シーティングの意味
■姿勢を整える
■ハンドリングと介助
■シーティングの評価
■簡単な車いすの調整
■ポジショニングの基礎
セミナー開催日
大阪 第1回 2017年10月21日(土) →詳細を見る
会場 株式会社ウィズ 大阪市西区立売堀1-9-33
セミナー参加申し込みフォーム
  • 受付時間 10:00~17:00 土・日・祝定休 06-7492-1397
  • FAX申し込み用紙
  • セミナー開催日

シーティングセミナー

セミナー開催日

車いすのプロの道具屋と、姿勢と動きのプロのPTが、現場で培ってきたノウハウを伝えるコラボレーションセミナー。シーティングに必要なハンドリングの実技、モジュラー型車いすを使用した実際の調整やスタンダード車いすで応用などを学びます。

シーティングセミナーの様子
[シーティングの定義]

姿勢を重力空間上で保持し、その状態を身体的社会的に最適化すること
本人を中心にみんなで相談しながら、適応しうる複数の姿勢を選定し生活化していく

●こんな場合に
拘縮・変形・褥創・円背・誤嚥
仰臥位で眠れない
椅子や車椅子上で、ずれる・傾く・突っ張る・倒れる
自分で食べられない

●シーティングでできること
[緊張を整える][体幹・頭部の安定]
[頭部・体幹・四肢機能の向上]
①深い呼吸/発声/発語/表情の変化/嚥下口腔機能の向上/便秘の解消
②褥創や拘縮の改善・予防
③倒れない/傾かない/ずれない/お尻が痛くならない
④足底への荷重/立ち上がりの準備
⑤車イスの自走/摂食/更衣/整容機能の向上  など

before → after

(応用編) ~使えるシーティングを学ぶ~
■シーティング評価
■座位を整えるためのハンドリングと介助
■モジュラー型でのシーティング
■スタンダード車いすでの応用
■事例検討 質疑応答
※基礎を習得されている方向けです。
セミナー開催日
大阪 応用編 2018年2月3日(土) →詳細を見る
会場 株式会社ウィズ 大阪市西区立売堀1-9-23
セミナー参加申し込みフォーム
  • 受付時間 10:00~17:00 土・日・祝定休 06-7492-1397
  • FAX申し込み用紙
  • セミナー開催日

介護・看護のための リハビリテーション実践セミナー

セミナー開催日
『訓練って何をしたらいい?』
『訪問看護でリハをしているけど、これでいいの?』
『骨折や、痛みや拘縮のある対象者さんをどこまで動かしていい?どうやって動かすの!?』
『レクリエーションや体操が苦手』
リハに対する皆さんの悩みを解決するセミナーです。

内容:
■リハビリテーションの考え方、評価の方法
■最低限必要な専門用語や知識
■対象者への触れ方、動かし方など
■よくある間違った訓練法

セミナー開催日
大阪 第1回 2018年1月18日(木) →詳細を見る
会場 西浦邸 東大阪市森河内西1-34-21
セミナー参加申し込みフォーム
  • 受付時間 10:00~17:00 土・日・祝定休 06-7492-1397
  • FAX申し込み用紙
  • セミナー開催日
ページ上部へ戻る