福辺流介助術とは?

これまでの介助となにが違うの?

介助される人の「力を引き出す介助」とはこれまでの
介助となにが違うのでしょうか?
これまでの介助は介助者が被介助者を力任せに動かし
ていました。
福辺流介助術では介助される人が自らの力を
使って動けるように介助者は被介助者を援助
するだけなのです。

この介助術はどんな人にも使えます。
例えば、
・マヒのある人、筋力のない人、認知症の人、耳の遠い人、言葉の通じない人、頑固な人、など
自らの力を使うことが困難だと思える人にも使えるのです。

「動く」とは?
身体的な運動機能だけではありません。
心が動く、感情が動く、脳が動く、内臓が動く…など

能力「できる」とは?
運動能力だけではありません。
感覚 知覚 精神 意識 記憶 認知 思考 コミュニケーション 自律神経…など

どんな人にもできることは必ずあります。

では、どうすれば介助される人の力を引き出せるのでしょうか?

動きを引き出すための5つの基本

  • 1.できること、できないことを知る
  • 2.相手を感じる
  • 3.自然な反応を利用する
  • 4.普段の動きをなぞる
  • 5.ていねいな介助
     支え方、動きの伝え方、声かけ

なかでも
1.できること、できないことを知る
5.ていねいな介助
 支え方、動きの伝え方、声かけ
この2項目が最も重要なことです。

「できること、できないことを知る」ために重要なのは「細かく見る」ことです。
現在の介助の9割は残念ながら不適切な介助です。
8割=やり過ぎ
1割=やらなさ過ぎ
やり過ぎの介助とは、介助される人のできることをうばってしまうことです。
その原因はできること(できないこと)の見方が曖昧だからです。

「ていねいな介助」の基本は声かけ、触れ方、支え方、動きの伝え方です。
介助は、支える、動きを伝える、の2つの要素からなっています。
支えは介助の根本で動かないものでなければなりません。

適切な介助のあとは、筋緊張が安定する、動きやすくなる、関節可動域が広がる、痛みが軽減するといった運動機能の改善だけでなく、認知・精神面・感覚・言語・バイタル・嚥下・呼吸などの変化も見られます。

介助や介護がしんどいというあなた、ひょっとしたらあなたの介助方法は間違っていませんか?
介護の仕事が好き!…でも腰痛が悩み…
今の施設をなんとかしたい!
そんなあなたににぜひとも知っていただきたい介助術です。

ナチュラルビーイングでは、この介助術を伝えるために、一般の人も参加できるセミナーを主催、全国の自治体や介護施設での講演会や講習会のご依頼も承っています。
また、施設・在宅での介助指導やアドバイザーなどの活動も行っています。
お気軽にお問い合わせください。

誰でもできる主催セミナー
ページ上部へ戻る